海外保険 「中国シニア留学」

海外保険

留学生の多くが日本の海外保険に加入

海外保険

中国では半数以上の大学が、留学生に海外保険への加入を義務付けています。

中国の保険会社が販売している海外保険に加入することもでき、保険料は1学期あたり300元前後と格安です。

ですが、海外保険の補償内容は保険料に比例します。中国の海外保険では入院を伴うような病気、事故でないと医療費は補償されませんし、盗難や物損についても補償対象外です。

このため、多くの留学生が日本の保険会社の海外保険に加入しています。

不要な補償項目が多い

補償項目

しかし、日本の海外保険に加入しようと思うと、けっこうな金額がかかります。なんとか節約したいものですが、まずはなぜ高くなるかを考えてみましょう。

海外保険が高くなる理由の一つ目は、必要のない補償項目が入っていることです。

海外保険はいくつもの補償項目が組み合わされて作られています。この中には、実際にはお世話になる可能性が極めて低いものも含まれています。

例えば「航空機遅延補償」という補償項目があります。これは天候などの理由で搭乗する予定の飛行機が万が一、欠航になった場合、空港の近所で宿泊するホテル代を補償してくれるというものです。

新潟から出てきて成田空港を使うというなら話は別ですが、都内や千葉、神奈川などに住んでいたら、普通は自宅に帰りますよね。

こういった、なくても済む補償項目がたくさん入っていることで、海外保険の保険料が高くなってしまいます。

補償金額が高い

補償金額

海外保険が高くなる理由の二つ目は、補償金額が高いことです。「死亡補償」を例に考えてみましょう。

例えば働き盛りの40代の男性で、奥さんと中学生のお子さんが2人いたとします。これから高校、大学とお金がかかる時期を迎えるわけですから、1億円くらい残せるものならば残したいものです。

しかしシニアの方の場合は、すでにお子さんも家を出られてるでしょうし、そこまでたくさんのお金を配偶者の方に残す必要もないはずです。

それなのに補償金額が1億円など高額になっているために、保険料も高くなっているわけです。

海外保険は幕の内弁当

海外保険は幕の内弁当に似ています。

食べたくもない豚の角煮が入っていたり、シュウマイは2つあれば十分なのに4つも入っている。その結果、幕の内弁当の値段が2,000円になってしまう。

海外保険が高くなるのも、これと同じ仕組みです。必要のない補償項目が入っていたり、必要以上の補償金額であったりするために、海外保険の保険料が高くなってしまうわけです。

海外保険のバラ掛け

バラ掛け

ではどうすれば安くなるかというと、おかずの種類と量を自分で決めれば良いのです。

航空機遅延補償はいらない。死亡補償は500万円で十分。必要最低限の補償項目と補償金額に絞ることで、海外保険の保険料を大幅に抑えることができます。

このように、必要な補償項目、必要な補償金額に絞って、自分で海外保険を組み立てることを、保険のオーダーメイド、保険のバラ掛けと呼びます。

海外保険をバラ掛けにすることで、保険料は数万円単位で節約することができます。

ご質問・お問合せ

中国の現地で数百校の大学を訪問調査してきた中国留学のプロがあなたの疑問にお答えします。下記お問合せフォームからお気軽にご相談ください。

ご本名
ご職業 高校生 大学生 社会人 その他
中国語レベル ゼロ 初級 中級 上級
ご出発時期
ご予定期間
E-mail
E-mail 再入力
お問合せ内容
※できるだけ詳しく具体的にご記入ください

【ご注意】

※3日経っても返信がない場合は、まず最初に迷惑ホルダーをご確認ください。

※また、弊社からの返信はGmailを経由して送信しています。ご利用のメールサービスでGmailが迷惑メール扱いにされている場合、弊社からの返信ができません。弊社からの返信が届かない場合は、Gmailを迷惑リストからはずした上で再度ご送信ください。(Yahooメールなどで受信拒否が多発しています。)

※どうしてもうまく送信できない場合、返信が来ない場合は、下記メールからお問合せください。

>> こちらからメールで(lianxi@liuxue998.com)