標準語の訛り 「中国シニア留学」

標準語の訛り

北京語は標準語ではない

北京語

正確な発音を身に付けたいので、訛りのない地域に留学したい。そう考えるシニアの方は少なくありません。

しかし実は、訛りにをそこまで気にする必要はありません。いくつか理由がありますので、詳しく説明していきます。

その前に、多くの方が誤解してらっしゃることを一つ指摘しておきます。それは、「北京語は中国の標準語ではない」ということです。

北京語とは、北京の地元市民が使う言葉、つまり「北京弁」のことです。

ですので、「北京語を勉強したいので北京に留学する」というのは、「大阪弁を勉強したいので大阪に留学する」と言っているのと同じことです。

中国の標準語は「普通話」

普通話

中国の標準語は「普通話」といいます。普通話は北京官話の発音と北方言語の語彙をベースに作られた人工の言語です。

では、北京官話とは何かというと、明清の時代に宮廷内で官僚たちが使っていた言葉です。北京市民が話す北京弁のことではありません。

なにせ首都である北京という単語を使ってますので、北京語=中国の標準語と勘違いするのは無理もありません。ですがこれは、東京が首都だから江戸っ子のべらんめぇが日本の標準語だ、と言っているようなものなのです。

では、中国の標準語である普通話が、訛りなく最も標準的に話されている地域はどこかというと、黒龍江省ハルビン市と吉林省長春市であると言われています。

ならば、留学先はハルビンか長春にすべきなのか? 実はそんなことはありません。

授業はすべて普通話

授業

まず第一に、留学生向けの中国語の授業は、すべて普通話で行われます。

留学生に中国語を教える教師のための国家資格があるのですが、この試験の中には普通話の正確さも含まれています。訛りのある人はこの資格を得ることができません。

ですので、北京の教師は北京弁で授業を行い、上海の教師は上海弁で授業をしている、というわけではないのです。

ハルビンに行こうと、西安に行こうと、広州に行こうと、授業はすべて普通話で行われます。

訛りに接する機会が少ない

訛り

第二に、留学中に訛りに接する機会は、実はそれほど多くありません。

留学中の生活をイメージしてみましょう。午前中は授業です。教師は普通話で授業を行いますので、訛りに接することは不可能です。

授業が終わったあと、午後の時間は自室で勉強したり、中国人学生と互相学習をしたりして過ごします。若い学生は標準的な普通話を使えますので、ここでも訛りと接する機会はありません。

接する機会があるとすれば、昼食や夕食を注文するときや、週末に学外に出て買い物をするときくらいです。

しかし、料理の注文にしても、買い物にしても、お店の人と言葉をかわすのは、せいぜい30秒から1分くらいです。

その程度で訛りが身に付くと思いますか? 言葉の勉強ってそこまで簡単なものではありません。

発音に最も影響を与えるのは母語

母語

第三に、これを見逃している方がほとんどなのですが、発音に最も大きな影響を与えるのは、地域ではなく「母語」です。

英語で説明したほうが分かりやすいかもしれません。日本人はかなり上手な人でも、日本人っぽい英語を話します。同様に、中国人は中国訛りの英語、韓国人は韓国訛りの英語を話します。

外国人が話す日本語も同様です。西洋訛りの日本語、中国訛りの日本語、韓国訛りの日本語。テレビに出てくる外国人タレントを見ていれば、よく分かると思います。

日本人は日本で勉強しようと、アメリカで勉強しようと、オーストラリアで勉強しようと、必ず日本人訛りの英語になります。

外国人が日本語を学ぶ時も同様で、東京で勉強しようと大阪で勉強しようと、中国人は中国訛り、西洋人は西洋訛りの日本語になります。

それと同じように、日本人はハルビンで留学しようと、上海で留学しようと、必ず日本人訛りの中国語になります。

訛りに最も影響するのは、学ぶ地域ではなく母語です。

発音に完璧は必要ない

発音

第四に、発音に完璧は必要ありません。

日本人は生真面目ですので、何ごとも完璧でないとダメのように考えがちです。中国語もネイティブと同じような完璧な発音を目指そうとします。

ですが、テレビに出てくる外国人タレントで、日本語の発音が完璧な人なんているでしょうか? 完璧じゃなくても通じる。本当はそうなんです。

そして、中国にやって来る留学生の中で、完璧な発音にこだわっているのは、実は日本人だけです。

日本人のお客様から留学先を選ぶ際によく出るのが、「発音矯正の選択科目がある大学」という条件です。

ですが、発音矯正の選択科目を設置している大学はほとんどありません。なぜならば、開設しても受講者が集まらないからです。

他の国の多くの留学生は、語学とはコミュニケーションを取るための道具に過ぎず、なので発音についても、コミュニケーションが取れる程度の正確さで十分、ということを分かっているのです。

他にも選ぶ条件はある

条件

誤解のないように言っておくと、発音が正確であることが悪いと言っているわけではありません。

不正確より正確な方がもちろん良いです。地域の訛りもないに越したことはないでしょう。

ですが、大学を選ぶ条件は訛りの有無だけではありません。他にも重視すべき条件はあるわけです。

例えば、「ハルビンで1クラス25人の大学」と「四川で1クラス5人の大学」ならばどちらを選びますか?

すべての条件を満足する大学なんて滅多にありません。訛りがないことは自身にとって絶対譲れない最優先条件なのか、じっくりと考えるべきポイントです。

訛りについてはこちらのページでも詳しく解説しています。参考にしてください。

ご質問・お問合せ

中国の現地で数百校の大学を訪問調査してきた中国留学のプロがあなたの疑問にお答えします。下記お問合せフォームからお気軽にご相談ください。

ご本名
ご職業 高校生 大学生 社会人 その他
中国語レベル ゼロ 初級 中級 上級
ご出発時期
ご予定期間
E-mail
E-mail 再入力
お問合せ内容
※できるだけ詳しく具体的にご記入ください

【ご注意】

※3日経っても返信がない場合は、まず最初に迷惑ホルダーをご確認ください。

※また、弊社からの返信はGmailを経由して送信しています。ご利用のメールサービスでGmailが迷惑メール扱いにされている場合、弊社からの返信ができません。弊社からの返信が届かない場合は、Gmailを迷惑リストからはずした上で再度ご送信ください。(Yahooメールなどで受信拒否が多発しています。)

※どうしてもうまく送信できない場合、返信が来ない場合は、下記メールからお問合せください。

>> こちらからメールで(lianxi@liuxue998.com)